お問い合わせ

担当者 : Chan

電話番号 : 008613396976533

Free call

包装機械の設計の傾向の研究

June 11, 2021

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究

包装機械の設計の傾向の研究

 

LTPM中国の包装機械の設計は市場研究および市場分析に基づき、顧客に役立つように努力する。科学技術の開発および市場競争の増大によって、顧客に次の面で機械性能のためのより高く、より高い条件が、主にある:

 

1. 受渡し時間の条件を満たし、プロセス循環のコストを削減する高い生産性;あるプロダクトのために、包装機械および生産の機械類はまた接続されるように要求される。

2. プロダクト更新の必要性を満たすためには、包装機械は高い柔軟性および柔軟性がなければならない。

3. 少数の設備故障があり、失敗があれば遠隔診断サービスは遂行することができる。

4. 騒音、塵および無駄の汚染を含む低い環境汚染。

5. 装置の購入の投資はできるだけ小さい価格はできるだけ低いべきである。

 

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究  0

 

LTPM中国は上記の顧客の要求を満たす次の手段を取った:

 

1.プロセスのオートメーションのある程度を改善しなさい

 

数年前、オートメーションの技術は包装機械の設計の30%のためにだけ占めた、今を50%以上説明し、多数のマイクロコンピューターの設計およびメカトロニクス制御は使用される。包装機械のオートメーションのある程度を高める目的は生産性を高めることである;第2は装置の柔軟性そして柔軟性を改善することである;三番目は複雑な行為、ロボットのすなわち、使用を完了する包装プロセスを完了する包装機械の機能を改善することである。元のマニュアルを取り替える例えば、チョコレート・キャンディの包装はロボットの使用を実現した。

 

包装機械のオートメーションの設計に次の2つの主要な特徴がある:

 

1. 各マニピュレーターは別のコンピュータによって制御される

複雑な包装の行為を完了するためには、包装機械は多数のマニピュレーターによって完了する必要がある。包装の行為が完了するときコンピューター制御 カメラの情報そして監視の下で包装の質を保障する、マニピュレーターは計算機プログラムの指示に従って必要なアクションを完了する。

 

2. 材料および厚さの高リゾリューションを使って

包装プロセスでは、包装材料の厚さそして重大な変更は容易に人間の目によって顕著ではない。従って包装材料の厚さそして重大な変更を区別するために包装機械を設計するとき、コンピューター制御 カメラおよび探知器は頻繁に使用される。カメラは撮影された映像を単独で点検し、区別できるために今開発されスクリーンのそれを表示する。現在、機械の速度は処理の間に変えることができない。将来、速度は材料の変更に従っての後で短い時間の包装プロセスを完了するために制御する自動州の下で仕事を変わる、べきで、区別、自動クリーニング、自動消毒および自動きれい実現する。

 

2. 生産性を改善しなさい、最大の範囲にプロセス費用および大会の生産所要を減らしなさい

 

LTPM中国の包装機械にオートメーションの高速、大ぞろい、高度およびよい信頼性の特徴がある。その飲料の満ちる速度は1200本のびん/時間高い。機械速度を増加することは複雑な問題である。より速い速度、部分ごとの生産費より低い区域は、しかし植物のそれに応じて増加する。

 

さらに、モータ速度はまた限られている、従ってほしい程に速く考えることができない。一般的に、速度の15-20%増加は約一連の複雑な問題を持って来る。

 

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究  1

 

速度の増加に加えて、生産性はまた他のチャネルを通して解決することができる:

 

1. 連続的な仕事か複数のヘッドの仕事を使用しなさい

包装機械の断続的で、連続的な働くモードがある。設計した場合、生産性を高める絶えず働くように設計されているように努力するべきである;また同じ複数の異なったプロダクトを作り出す1装置に多数の生産ラインがある場合もある信頼性は改善されなければならない。

 

2. スクラップ率を減らし、失敗の解析システムを提供しなさい

生産に廃棄物によって引き起こされる損失は巨大、だけでなく、プロダクト損失、しかしまた物質的な損失である。従って、私達はスクラップ率を減らすために全力を尽くさなければならない;包装機械が販売されるとき、私達はまた保守サービスに欠陥を見つけるためにモード解析を行なうように欠陥の解析システムを、すなわち提供するべきであるまたは顧客の必要性を最大にするためにネットワークを通して遠隔診断を行いなさい。将来、包装機械は更にintelligentized、すなわち、装置は正常な生産性が改善することができるように欠陥を単独で見つけ、拒絶率および故障率を減らすために欠陥を、単独で解決する。

 

3. プロダクト生産の機械類および包装機械を統合しなさい

多くのプロダクトはそれからプロダクトの生産性を高めてまた有利である生産が完了するとき包まれる。例えば、ドイツで作り出されるチョコレート生産設備および包装装置はシステムによって制御される。2の統合へのキーは生産性の互いに一致させる問題を解決することである。その中で、包装機械は頻繁に生産のネックになる、従って異なったタイプの生産性を装置に与えることは必要である。

 

3. よい柔軟性および柔軟性のプロダクト変更そして設計装置に合わせなさい

 

市場の激しい部分に合わせるためには、多くの包まれたプロダクトにより短く、より短い取り替え周期がある。例えば、表面上の変更の生産は3年毎にまた更にあらゆる四分の一および生産の容積非常に大きい。従ってよい柔軟性および柔軟性があるようにそれが経済的である場合もあるために包装機械の生命がプロダクトのライフ サイクルより大いに長いために、包装機械は要求される。性の条件。

 

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究  2

 

包装機械を作るためにはよい柔軟性および柔軟性を持ち、オートメーション、それのある程度をである多数のマイクロコンピューターの技術、モジュールの技術および単位の組合せの形態を採用すること必要改善しなさい。包装プロダクト変化および包装タイプの変更に合わせるためには、包装機械および装置の柔軟性そして柔軟性は頻繁に次の3つの面で明示される:

 

1. 容積の柔軟性

それはまただけでなく、単一プロダクトを詰め、プロダクトの異なったバッチの包装に合わせることができる。

 

2. 構造の柔軟性

全装置は単位で構成され、プロダクト変更に合わせるのに1のまたは複数の単位が使用することができる。

 

3. 供給の柔軟性

キャンデーの包装機械のような供給のためにすべての単位を、一緒に結合する使用単位の組合せ。1台の機械が同時に使用することができるように共通の基礎で、異なった単位、3つの入口を結合すれば、4つの折る包装の形態は、8-10の種類のキャンデーを詰める。、カメラの管理の下に多数のマニピュレーターによって作動して、行為に命じ、指示に従って異なったタイプの違った方法のキャンデーを詰めなさい。プロダクトが変われば、装置によい柔軟性および柔軟性があるように、ちょうどカメラのプログラムを変えるため。

 

4.装置の大ぞろいを提供しなさい

 

LTPMC中国の包装機械の設計は、ユーザーのニーズに基づいて構造および経済的な完全なシステム解決を、生産の会社に与え、ユーザーに操作を示すのに計算機シミュレーションの技術を使用しそしてユーザーの意見を懇請した後それらを変更する。ユーザーに自動生産ラインか生産の一貫作業装置を与えるとき、装置の大ぞろいの完全性に特別な関心は払われる。それはハイテクで、付加価値の高い装置または比較的簡単な装置であるかどうか、それは両立性の条件に従って提供される。

 

LTPM中国はまた目的として装置の大ぞろいを提供する。例えば、飲料の詰物ラインに200台以上のマイクロコンピューター、多くのパイプライン、表示画面およびさまざまな包装の行為を制御する100つ以上のソフトウェア プログラムがある。1200本のびん/時間の生産性に会うためには、2ラインは協力しなければならない。従って、全体の飲料の詰物ラインの生産はフットボール競技場の区域半分のと、すべての装置は1つの工場にあるように要求される。

 

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究  3

 

5.計算機シミュレーションのデザイン技術の自在継手の使用

 

新製品の開発の連続的な加速によって、LTPM中国の包装機械の設計は一般に計算機シミュレーションの技術を採用する、従ってさまざまなマシン・エレメントがデータベースのコンピュータで、デッサンはコンピュータに入力デジタル化され、貯えられる、コンピュータは自動的に三次元モデルを総合できることを意味し。それから実際の生産のデータおよび表示器に、書き入れさまざまで可能な失敗を入れば、顧客がスクリーンに表示されるカーブに従って一目で見ることができるあり顧客の意見に従ってモデルを変更できるようにセクションが生産に一致できるかどうか、そしてネックがところでコンピュータ三次元モデルは何スクラップがそこにある、生産ラインに5があるか作動するために実質作業の状態を模倣できどの位生産性が達成することができるか示す。コンピュータ統合の速度は非常に速い、従って修正の仕事は速く、顧客かデザイナーまで便利満足する。計算機シミュレーションのデザイン技術の使用は包装機械の開発および設計周期を非常に短くする。

 

最新の会社ニュース 包装機械の設計の傾向の研究  4

 

包装機械の設計はだけでなく、機能および効率への、また経済に注意を払うべきである。装置の下落が費用の6-8%のためにだけ占める、残りは操業費用であるので、しかし経済学は完全に機械設備自体の費用ではない、操業費用でありより重要な。

私達と連絡を取ってください

あなたのメッセージを入れて下さい

info@chinaleadtop.com
chanchina1